スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おとぼけヨネとウルウル目ルン

今日はまた可哀相にあの世へ行ってしまった子の話です。
会員NO.10 田舎のばあさんヨネ ♀

ネコー園(猫公園)で見つけたときは、びっくりした。
何せ足のうら肉球が4本共、大火傷? ずるむけ
他の猫なら絶対、歩かれへん。
しかしこの黄色系のサビのオバチャン顔、ボケ顔の猫はすごい生命力

そしてネーチャンの得意技、可哀相・連れ帰り・保護・自分のところの猫に・・!の
パターンにはまってしまったのだ。
さぁ連れ帰ったが大変!
痛いはずなのに全然構わず、あっちこっち歩くので布団とか血まみれ
メシはなんぼでも食うし好き放題
薬局で包帯買ってオロナインつけて4本とも巻いたけど
例の調子だからすぐ血まみれ
そこでくまごろうのグッドアイデア!
足の裏に魚の目用のスポンジをおいて空間を作って皮がはるようにした。
幸運なことにダルコ(何をするのもだるくて、ほったらかし)なので
包帯を噛んだり、ほどいたりは全然しなかったのである。
くまごろうの献身的(ここ大事です!)な介護により奇跡の全快
その間、使った包帯100~150、絆創膏200~300、魚の目スポンジ50セット
(またちょっとオーバー?) 
ほんとは包帯はもったいないから、くまごろうの古くなったTシャツやパンツ
靴下などで代用したのであった。
とにかく、くまごろうじゅうい先生の大活躍であった。
見事、よみがえり4年、自由奔放なヨネであったが、体を悪くし、年も年であったし
南無妙法蓮華経 チーン
ヨネの名前の由来はどう見ても、ぼーっとした田舎のおばあさん
明治大正生まれの農家のヨネばぁちゃんから。
04061619EPSN0352.jpg
ヨネ



会員NO.12 旧名らっきょのラッキ ルン ♀
キジ柄グループのため、らん、りんに続いてルンと命名 (ら、り、る、れ、ろ)
くまごろうが駐車場から家へ帰る途中いつも涙目でニャーニャー
家から20メートル幅の道路を隔てたコンクリートの城壁のところで
くまごろうの帰りを待ちわびていた。(ように見えた・・)
でもこれ以上猫を増やしたら大変なことになると思っていたのに。
さぁここで登場~ 
あの伝説のネーチャン!
可哀相・連れ帰り・保護・自分のところの猫に!の得意のパターンで飼うことに。
それなのにルンはネーチャンには・・・・・・で
くまごろうにすごく懐いて「ル~ン、ル~ン」と呼ぶとくまごろうのところへ膝の上へ♪
いつもウルウルの目でおとなしかったルンは3年の月日を過ごし天国へ・・・アーメン
04051814EPSN0283.jpg
ルン
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kumagoro

Author:kumagoro
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。