スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫倉百猫一首 五

春好きで 又来にけらし 白黒の
子供ホステス 猫の掻く音
                 熊叔父



原句
春すぎて 夏来にけらし 白妙の
衣ほすてふ 天の香具山
                 持統天皇


意味
いわずと知れた春(小春)のことである。
小春はくまごろうさん大好きで、いつもそばに来て
まるで子供のホステスみたいに尽くす。
でも困っていることは、嬉しがって床を掻くことで
いつも床、ソファは傷だらけ。
それでも可愛い春であった。
作者の猫かわいがりが出た非常に
ほほえましい作品です。

2011101917470000.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kumagoro

Author:kumagoro
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。