スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫倉百猫一首 十三

背を丸め 油にせかるる りんの顔
落としてもなお 食わんとぞ思ふ
                   好油院


原句
瀬を早み 岩にせかるる 滝川の
われても末に 逢はむとぞ思ふ
                    崇徳院


意味
いつも背を丸め食べ物を狙う、りん
特に油物には目がない。
いくら落としても汚れても絶対に見逃さない。
すごい執念でノラの鏡。
まことに油好きな変猫のりんを表した作品である。

2011111313510000.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kumagoro

Author:kumagoro
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。